症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:トインビー 男・20代・滋賀在住
●発病の時期・きっかけ
両耳の耳管閉鎖不全=1年3ヶ月前。鼻をつまんだ状態で鼻すすりをした時がきっかけ。
左耳の聴覚過敏症=4年前。最初ヘッドフォンにより違和感を感じた。耳管閉鎖不全になってから誘発され急激に悪化。

●主な症状
・耳管閉鎖不全
鼻、耳、後頭部に圧迫感がおこる。
唾を飲むと、ブチブチ音がする。
軽度の自声強調。
密室などで打音系の物音がすると、鼓膜がボフッと動く感覚がある。
・聴覚過敏症
大きな音や自声などで左耳が「ジジジ、ビビビ」とノイズのような音が伴って聞こえる。
寝起が特に酷い。

●主な治療歴
耳管閉鎖不全=加味帰脾湯、鼓膜チューブ留置術、お灸
聴覚過敏症=ビタミン剤、ステロイド剤、TRT療法、催眠療法、筋肉緩和剤、星状神経節ブロック

●困ったこと・つらいこと
今の状態に適した仕事がなかなかないこと。
思いっきり笑ったりすると「ビリビリ」がおこること。
職としてやるはずであった音楽活動を病気のため断念していること。

●生活面で変わったこと
周りが音に気を使うようになった。
なるべく大きな音のしない所に行くようになった
駅のホームや電車のアナウンスが大きくてビリビリがおこるのでうざい(特に大阪)。

●その他
耳管の症状が良くなっている。
聴覚過敏(ビリビリ)が発生しない範囲が広がった。
聴覚過敏の原因がアブミ骨筋の痙攣でおこっている可能性あり。
筋肉緩和剤(テルネリン)で様子を見ている。

耳管閉鎖不全はかなり改善され、物音で鼓膜がボフッと反応することがほぼなくなった。
しかし、天候の変化で、詰まった感覚や自声の強調はやや感じる。
唾のブチブチは大きくはないがまだ聞える。しかし気にはならない。
星状神経節ブロックが自然治癒の促進になった。
日常で負担のかからない領域が広がった。

 
●その後の経過など

inserted by FC2 system