症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:taka  女・50代・名古屋市在住
●発病の時期・きっかけ
発病時期は不明。昔々かも?
頸椎症など他の持病もある為、症状が重なり特定できなくて、花粉症状が辛い時だけ医師の治療を受けていたのが、一年程前から耳の不快感が頻繁になり、現在は週二回でも不調。

原因?は子どもの頃の中耳炎。慢性副鼻腔炎。慢性気管支炎。口呼吸。
子どもの頃から疲れやすく、よく「鼻から耳へ風が吹き抜けて辛い」立ち眩みもあると、訴えても周囲や医師の理解を得られなく、神経質といわれ治療なしで、元気のない体質でした。


●主な症状・治療歴
生活に支障が現れて診断を受け、現医師から初めて耳管開放症を知らされました。
念の為、大学病院での検査、鼓膜穴あけや耳管を塞ぐなどの処置をも受けましたが、完治無理との診断。
特に、耳管開放症は横になると症状が治まると断言され信頼関係は持てませんでした

状況は、耳鳴りは閉塞感があり音に例えようのない無音な?耳鳴りです。
低血圧でもあるので判断しにくいのですが、規律性貧血の時のような耳の奥から後頭部にわたる異様な感じです。
情報に反して私の場合は、横になっても治まりません。
朝、目覚めた瞬間から耳と頭が良くない状態なので、四六時中、ゆっくり動き、静かに話す生活です。
ふらつき、他人の大きな声や音が響き、自分の声も響くので小声で話す為、人間関係に支障があります。
未だに周囲の理解度は低い状況。
勤めていますので辛い状況です。


●その他
自己管理として、冷房は控え軽い汗をかく、軽いストレッチ体操、栄養のバランス、睡眠。
唯一、ここ数年はひとり暮しなので心のケアーにも留意です。
情報交換の場を前向きに活用させて頂けたらと思います。


inserted by FC2 system