症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:温泉猿子  女・40代・東京在住
●発病の時期・きっかけ
15年前の妊娠期に発症、ただしこのときは狭窄症と診察されその治療を受ける。
出産後常に耳に違和感があるものの病院に行かずに済む程度。
3年前にめまい・自分の呼吸音、筋肉の動きの音などが聞こえるようになる。


●主な症状
自声強調・呼吸音聴取・肩こり(重症)・難聴。
気圧の変化を過敏で、天気が下り坂になると悪化。
台風前は動けない状態になることもある。


●主な治療歴
3年前に発病し、インターネットで知った杉並のY先生にたどり着くまで4人の耳鼻科医にかかる。
4人の医師に狭窄症と診察され、音のことをしつこく訴えると、いずれも精神・心療内科などを進められる。
Y先生にたどり着いたときには、症状は最悪だったのにうれしくて涙が出た。
私のケースで手術で根治する可能性があるのか聞きたいので、来週にもK大学病院に大阪から来られたM先生にお会いしたいと思っている。


●困ったこと・つらいこと
周りに理解されない。
電話をかけるのことに億劫になり誤解を受けることが多い。
特定の音域がよく聞こえないので不便。


●発病以降生活面で変わったこと
新幹線に乗る機会が非常に多いのだが、飛行機のほうが楽なので、なるべく飛行機を使って移動するようになった。
テレビより本・インターネットになった。


●その他
めまいからは今のところ開放されていて本当によかったと思っています。
まったく普通の生活が送れなかった3年前を思えばとてもありがたいことです。
大変な病気ですが、前向きに考えていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

●その後の経過など


inserted by FC2 system