症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:のん  女・20代・岩手県在住
●発症時期
物心ついたときには、既に発症していました。


●発症のきっかけ
覚えていません。


●主な症状
一般的な症状の殆ど。
 ・自分の声、呼吸が聞こえる。
 ・低音が聞き取りづらい。
 ・耳閉感
 ・耳開感
 ・耳鳴り
 ・難聴 など


●主な治療歴
田舎の耳鼻科だったので、原因不明、と診断され、幼稚園〜中学まで不定期に通った。
その耳鼻科がなくなり、症状が酷くなった時、初めて大きな病院へ行き、耳管開放症と診断される。
治らないものだと言われ、現在に至る。


●困ったこと・つらいこと
昔からなので、困ったと思うことはなかった。
しいて言うなら、風邪を引いたときなど、不快感が酷く、イライラしていた。


●生活面で変わったこと
耳閉感が日常すぎて、それが無いと逆に不安だった。
常に鼓膜をへこませている状態のほうが落ち着いた。
なので、山や海へ潜った時などでも、違和感を感じることはなかった。


●その他
自分で、耳管の調節ができる。
好きなときに、通常時に戻したり、鼓膜をへこませたり。
その時、鼓膜の動く音も聞こえる。
上記にもある通り、鼓膜がへこんでいる状態が、落ち着くので、嚥下したときなどに、通常時に戻ったりすると、不快になるので、自ら鼓膜をへこませたりする。
余談として、耳管を開いた状態のまま、口を閉じ「ん゛〜」と唸ると、鼓膜が細やかに振動してくすぐったくなります。

自分で調整は、例を見てもあまり見受けられなかったので、メールをしてみました。
やはり、不快感でイライラすることがあるので、漢方で治るときいて、びっくりでした。


●その後の経過など


inserted by FC2 system