症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:美咲  女・30代・東京在住
●発病の時期・きっかけ
7年前の夏、1人目の子の妊娠中(夏)に発症しました。
その時はマタニティスイミングに通っていたので、当時はスイミングが原因で耳の調子が悪くなったのだと思い込み、スイミングを辞めました。
その時は私も病名がわからず、近所の大きな総合病院や有名な大学病院の耳鼻科に行って診てもらったのですが、「異常なし」「妊娠中は色々あるから一時的なものだよ」と言われ帰されました・・
産後はしばらくバタバタしていて耳の事は気にならなかったのですが、2年前の夏あたりから再度発症しました。
この時期ちょっと痩せてしまったのでもしかしたらそれが原因かもしれません。
その頃、ネットで自分なりに調べ、自分が「耳管開放症」だと初めて気づきました。
それからも、ずっとずっと気になりながらも我慢して過ごしてきました。

そして、現在2人目を妊娠中。
今は6月位から特に症状がひどいです。
ところで私は、小学校6年生くらいから耳抜きをするクセがあります。
それも開放症になった一因かなと自分では思っています。
7年前、発症してからは耳が気になり、頻繁に耳掃除をする癖もつきました。
7年前から現在まで、1日1〜2回は竹の耳かき棒で耳掃除しています。
ちなみに軽いアレルギー性鼻炎があり、冷え性、低血圧なのも原因かもしれません・・

●主な症状
両耳が耳管開放症です。
トンネルに入った時のようにボォボォ雑音があって、自分の声が響きます。呼吸音も聞こえます。
とにかくうっとおしくてイライラし、時には「うつ」になり、人と話すことが苦痛になります。
特に「あ」行の言葉を言うと、開放しやすいらしく、あ行の言葉を言ったり、食事中、口を「アーン」とあけた瞬間、耳が「パン!」となり、開放します。
一日を通して開放していますが、低血圧のせいか朝が特にひどいです。
空腹時や、夏の暑い時期も悪化します。
鼻すすりをしたり、頭を下に下げると一時的に治ります。
鼻すすりは良くないとはわかっているのですが、人との会話時、開放したままだとストレスでおかしくなりそうなので、やむを得ずしています・・

●主な治療歴
2年前に耳管開放症のページで西荻窪の山口耳鼻咽喉科を知り、ひどい時にはそこに通っています。
2年前そこで初めて「耳管開放症」と診断されました。
2年前はツムラの加味帰脾湯を服飲していましたが、ほとんど効果なし。
耳鼻科ではルゴール液治療をしていましたが、それもあまり効果はなかったと思います。
現在は妊娠中ということで、生理食塩水を頂きました。
上を向き、鼻から生理食塩水を入れ、開放しているほうの耳へ水を流す、という方法です。
まだ2度しか試していませんが、効果が無く、むしろ症状が悪化しているような状態で、使用をためらっています・・
あとは、妊娠中はストレスをためずゆったりと過ごすしかないと言われ、半分諦め気味です・・

●困ったこと・つらいこと
本来おしゃべりが大好きなのに、人との会話が苦痛。
話していても「開放するんじゃないか」と常にドキドキしている。
開放したら、頻繁に話すすりしたり下を見たりで、話に集中できない。
他人にも「落ち着きが無い」とか「話を聞いていない」と思われがちで、ショック。
産後は仕事をしたいと思っていますがこんな状態では仕事もできないと落ち込んでいます・・・

●発病以降生活面で変わったこと
他人とのかかわりを避けるようになった。
仕事ができなくなった。
痩せすぎてはいけないと思い沢山食べるようになった。
耳の近くの血流を良くする為に、温かい飲み物を飲むようになった。

●その他
私は結構重度の開放症だと思います(>_<)
産後ももしこのまま良くならなければ手術も考えています。
色々方法はあるようですが、どんな手術が一番効果的でしょうか?
また、その手術で有名な良い病院がありましたら教えて下さい。
開放症で悩んでいらっしゃる方は私だけではないのだと思ったら勇気が湧いてきました!
オフ会もあるのですね。今度ぜひ参加させて下さい(^-^)
これからお世話になりますがよろしくお願いいたしますm(_ _)m
●その後の経過など


inserted by FC2 system