症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:ミック  女・30代・北海道在住
●発病の時期・きっかけ
急性中耳炎後
中耳炎により、耳にたまった水により閉塞感があり、精神的にか中耳炎中に体重が5kg減少しました。
中耳炎後、水が抜けたにもかかわらず、閉塞感が治らず…
中耳炎中かその後に発症したと思います。


●主な症状
右耳の唾を飲み込んだ時のカチカチ音から始まり、自声強聴、たちくらみ、耳鳴り


●主な治療歴
中耳炎中に飲んでいた薬をしばらく服用し、その後鼻から注入するルゴールらしきもの(耳鼻科ではルゴールに似た同じ種類の薬と言われました)を何種類か噴射しました。
その後加味帰脾湯を3ヶ月間服用しました。


●困ったこと・つらいこと
とにかく自声強聴が辛かったです。
開放してることがほとんどだったので、小さな声で話さないとかなり声が響いてしまうので、小さな子供がいる為怒ることにも苦戦しました。
会話するのに自分の声で相手の声が聞き取れないことがほとんどで、会話するのを避けていました。
仕事にもかなり支障が出て、電話対応や対話するのを避けるようにしか仕事ができなくなりました。
寝てる時は心音や脈音?とあらゆる自分の体の音が耳に響いて怖くて眠れないことも多かったです。
そして一番辛かったのは、市内に理解してもらえる病院がなかったことです。
こちらのサイトにたどり着いて、色々新しい治療法を試そうと試みましたが、それを容易に行ってくれる耳鼻科との出会いがなく…何個所か通ってみました。
現在もまだそういった耳鼻科とは出会っていませんが、こちらでの治療方法の情報を賢明に伝えてなんとか希望の治療方法を選択させてもらいました。
耳鼻科に行ったからと行って理解してもらえないことが多いのが辛かったです。


●発病以降生活面で変わったこと
しばらく引きこもりになりました。
病気のことを知人に伝えても本当に理解してもらえることは少ないので、説明するのさえも嫌になり、家族以外との会話を避けていました。
でもこちらのサイトに出会い、同じ症状に苦しむ方の書き込みを見たりして、絶対治してやる!という気持になりました。
とりあえず知った治療法はすべて試してみようと思いました。
夜寝るときは、明日起きたら治ってますように!と祈る気持ちで眠りに入ってました。
とにかく発症後は物事が前向きに考えられなくなり、先のことが見えなくなって不安で不安でたまらない日が続きました。


●その他


●その後の経過など
2005/11/3
ルゴール噴射らしきものでは、薬噴射後5日前後は自声強聴は治まり気味になってました。
噴射時は痛くて1時間くらい辛かったですが、その後は数日普通に過ごせるので、それを1ヶ月ほど4回試しました。
薬の種類によったり、噴射される位置によって効き目が毎回違いましたが、悪い時はその日の夜には戻ってしまい、長いときは1週間もちました。
その後、耳鼻科を変え加味帰脾湯の服用で1ヶ月もしないうちに回復してきました。
調子が良くなってきて服用するのを怠るとまた声が響いてきたりしてたので、1日3回の服用を2回→1回と減らしながら3ヶ月飲みつづけました。
今は飲むのもやめて1ヶ月ちょっと経過しましたが、自声強聴も8割ほどなくなりました。
唾を飲み込む時にする鼓膜が動く感じのパコパコ音は消えませんし、まれに耳鳴りがすることがありますが、ほぼ生活に支障はなくなりました。
まだ立ちくらみやめまいは前と変わらず治りませんが、自声強聴からはほぼ解放されました。

発症から約5〜6ヶ月、加味帰脾湯を服用しはじめて2週間ほどで効果が出てきて、3ヶ月の服用でほぼ回復しています。
慣れてきたのもあるかもしれませんが、パコパコ音も気にならない程度の音量になってきました。

inserted by FC2 system