症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:Kaima  女・30代・カナダ在住
●発病の時期・きっかけ
小学六年の時に歌を歌っていて自分の声が響いたのがはじめ。
それから年々悪化。
小さいときに中耳炎を数回やったがそれが原因か分からない。
ひどい花粉症もちで、くしゃみを激しくしていたのも原因か?


●主な症状
自声強調・呼吸音が聞こえる。
唾を飲んだり、食べたり、話したりすると開いてしまい、しゃべりにくいし聞きにくい。
鼓膜、耳の下あたり、顎にかけて、かったるく、痛みを感じることもある。
無理に管を閉めようと筋肉を使うせいか、首がこる。
顎関節症と診断されたこともある。
カナダの病院でたらいまわしにされ、東京医科歯科大でやっと耳管開放症と診断してもらえた。


●主な治療歴
チューブをいれたり、ホルモン剤を塗ったり・・・といろいろやってみたが、効き目なし。


●困ったこと・つらいこと
話をするのが嫌で人を避けてしまったりする。
耳の問題のせいで、もともと積極的だった性格が内向的になりつつある。
横になると耳の調子が良くなるので、いつもゴロゴロしてしまう。


●その他
発症して、すでに二十年が経ち、ほぼあきらめかけている。
とりあえず、耳が聞こえるだけでも有難い・・・と思うようにしている。
画期的な手術法の発見だけが望み。


inserted by FC2 system