症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:hiro  男・10代・香川県在住
●発病の時期・きっかけ
歳は17で、耳管開放症のような症状になったのは5年前くらいだと思います。
でもその頃は症状が軽くほとんど違和感がないくらいでした。
ここ1年くらいでひどくなったような気がします。勉強もあまり集中出来ないし。


●主な症状
調子が悪いときに唾を飲み込んだりしたら音がしたり、呼吸音が聞こえたりするので開放症だと思うんですが、あまりに調子が悪いので、鼻をつまんで鼻から息を吸い込んでみたら呼吸音などはなくなったんですが、今度は鼻がつまったような感じになりました。
なので,鼻をつまんで鼻から息をだしてみたら,以前と同じような開放の状態に戻りました。

状態に波があって、よく変ります。
始めて書き込みさせてもらった時は自分の声が響いて聞こえたりしたんですが、現在は、左耳だけが少し変です。
昨日は1日中温泉にいたからだと思うんですが、まったく症状が出ませんでした。


●主な治療歴
小さい頃から中耳炎によくなり、治療をよく受けてきました。
転院もそれなりにしましたが、今は1つの病院に行っています。
でも、耳管開放症と狭窄症両方の状態(?)についてまだ先生に言ったことはないんですけど。
治療は狭窄症としての治療を受けています。


●困ったこと・つらいこと
症状が出ている時は会話するのがおっくうですが、特に会社や周囲にも説明していません。
症状が出ていない時は、病気であることは忘れているくらいです。

●発病以降生活面で変わったこと


●その他

●その後の経過など
2005/01/07(金):トインビー

> あまりに調子が悪いので、鼻をつまんで鼻から息を吸い込んでみたら呼吸音などはなくなったんですが、今度は鼻がつまったような感じになりました。

止めた方がいいと思います。
普通の鼻すすりだと癖づいて何回もやってるうちに耳管を痛めてしまいます。
しかし鼻をつまんで吸い込むと、度合いによっては極度の陰圧がおこりヘタすると一発で耳管内の粘膜等を痛め、急性な耳管閉鎖不全(耳管機能が不安定になり、開放と狭窄がおこる)になります。
僕が体験済みなので止めたほうがいいです。
「どうしてもやらないと辛い」となれば、「説明」の欄にもあります「生理食塩水」を試すか、それでもだめならトインビー法(鼻をつまんで唾を飲む)ぐらいにしておいたほうがいいです。
しかし「トインビー法」も病院の検査の過程で「やってみて下さい」と言われることがありますが、これも陰圧がおこり耳管には良くないので普段でやるのはあまりおすすめできません。



> なので,鼻をつまんで鼻から息をだしてみたら,以前と同じような開放の状態に戻りました。

これは「バルサルバ法」で「トインビー法」や吸い込みとは逆に陽圧にする方法です。
多分、吸い込みにより陰圧になったままの状態だったのを「バルサルバ法」で元に戻すことができたのではないかなと思います。

inserted by FC2 system