症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:ちーぼー  女・30代・大阪府在住
●発病の時期・きっかけ
おそらく1年位前から犬の鳴き声などを聞くと左耳が響くのを不快に感じ、今年の3月に耳鼻科に行って鼓膜が少しへこんで動きがわるくなっていると言われる。
聴力も問題なしでアレルギー性鼻炎ぽいので夏ごろまで様子見るように言われる。
8月に再び受診。鼓膜へこんでいるとのことで先生は狭窄症として週に一度の通気治療を3回、中耳のくすりなどもらうが改善せず。


●主な症状
自声強調やこの症状によると思われる頭痛などはない。
高い大きな音を聞くと左耳がわ〜んとなる。
つばを飲み込むと頻繁に両耳から空気が抜けるような感じでぼぉっーとなったりプチっといったりする。
せんべいをかんだりしても特に左耳がボーボーっとあまり気にならない程度いう。
鼻から塩水を吸って口から出すと一時的にそれらの症状は治まる。
昨年末に風邪を引いたときにひどい鼻づまりになりそれ以来この8月まで左の耳抜きが出来なかったが、最近できるようになった。
産後10ヶ月ほどで妊娠中に妊娠前からプラス12キロの体重が妊娠前マイナス3キロになったのでこの体重増減が原因かなあと自己診断。

このサイトなどの情報を見て開放症では?と思う。
通気治療前までは高い音がするときの左耳の響きだけが気になっていたのに、それ以来意識しだしたからか、つばを飲み込むときに両耳から空気が抜けるような感じがしたり、プチっといったりするのが気になるようになった。


●主な治療歴
歯列矯正で12年ほど前から顎関節症になった。
バイオプレートというのをはめて自費治療して数年前に完治。それとの因果関係は無いように思う。
そのプレートは自律神経失調なとにも良いとのことなのでまたはめてみている。

軽度の開放症では?と思うようになる。
今かかっている耳鼻科は耳管があいているか閉じているかはあまり気にしないで通気治療を一月くらいやろうといわれて、鼻づまり向けの新薬を処方されるがこの症状に関しての治療を信頼できず通うのやめる。

軽度ですが神経質な性質なので気になりだすと日々の生活にも影響してしまいます。
ひょっとしたら時間が経てば直る程度のものかもしれないのですが、専門医を受診したいと思っています。


●その他

inserted by FC2 system