症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:aki  男・50代・愛知県在住
●発病の時期・きっかけ
体重66kg、身長174pです。
週末はスポーツ指導をしています。
毎晩ビールを2缶、8年前は煙草も吸っていました。
発症する前の体重は60kg程度でした。
数年前より耳管開放症に悩んでいます。


●主な症状
午後3時から夕食時間までよく耳管開放します。
自分の声(特に低音域)、呼吸音が鼓膜に響く。
鼻をすすると一時的に治まるが唾を飲み込むと戻ってしまう。
帰宅後はビールを飲むため症状は出にくいようです。
関連してか、扉を閉める時の音、犬の鳴き声、机の上にコップを置く音などの音が脳に衝撃(ストレス)を感じる(脳神経過敏症?脳外科受診するもわからず)。


●主な治療歴
今までとった対策、処置
・耳管内にグリセリン塗布・・・・・・・・・・一時的な効果
・耳管内にゼリー挿入・・・・・・・・・・・・・一時的な効果
・外耳の鼓膜に湿潤した綿詰め・・・・・脱脂綿の水分が無くなるとガサゴソ音が気になりだす。
・漢方薬(補中益気湯エキス細粒)・・・効果不明
・漢方薬(加味帰脾湯)・・・・・・・・・・・・効果不明

今までの提案
・鼓膜への管挿入
・鼓膜へのシール制振
・脳神経過敏症(音)の症状緩和のためメイラックス錠・・・・・・・効果不明(テレビで過敏症には精神安定剤が聞くと見たため相談)
・現在は漢方薬(柴胡加竜骨牡蛎湯)を現在3か月服用中・・・効果不明だが脳神経過敏症に対しては若干の効果を感じ精神的にも安定している。
 漢方薬(柴胡加竜骨牡蛎湯)を飲用するようになってから耳管開放の回数も心なしか減っている気がします。
 また現在は、耳管開放しそうな時は前もって、脱脂綿にベビーオイルをつけ鼓膜外側に挿入しています。
 これは水に比べ油分の方が脱脂綿が乾燥しにくく、長時間に渡って低音に対する鼓膜の制振には効果を感じています。
 脱脂綿が乾燥してくると、呼吸のたびの雑音が非常に気になってしまいます。


●その他
掛かりつけの先生には症状を理解していただけるだけでも感謝しています。
毎日毎日いつ出るかわからない症状と戦うには精神的なストレスも加わってきます。
かと言って手術には抵抗があり、また専門医が遠距離というのは諦めるしかないのかな?と思っています。
とりあえず今飲んでる漢方薬(柴胡加竜骨牡蛎湯)を続けてみようと思っています。


inserted by FC2 system