症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:愛ママ 女・30代・東京在住
●発病の時期・きっかけ
2人目を妊娠中(5ヶ月)最初鼻づまりになり耳鼻科で点鼻薬をもらい使ってました。
その後1週間ほどしたら匂いがしなくなり、また耳鼻科に行き匂いを戻す点鼻薬をもらって3日ほどで匂いが戻ったら、次の日の朝起きたら音がこもって聞こえるので、またまた耳鼻科に行きました。

去年の12月に同じ症状がありその時は「鼻水が耳管の中に入って音がこもって聞こえるのでしょう」と言われ、鼻から耳に空気を通す治療と薬をもらって3日ほどで治ったので、今回もまたすぐ治ると思って耳鼻科に通ったのですが、全然良くならず妊娠中で飲み薬がないせいだと思い「薬だしてもらえませんか?」と聞いたら、
「妊娠中だから出せないです。妊娠中はむくみやすいので鼻や耳管の粘膜がむくんでこういう症状がよくあるんです。出産すれば治ります。」
と言われ、ひたすら毎日空気を通す治療をしてました。

そしたらまた鼻づまりになりますます耳がひどくなり、他の耳鼻科に行き、そこで妊婦でも飲める薬を出してもらい、同じく空気を通す治療をしてました。
それでも全然良くなりませんでした。

そしたらある日突然自分の鼻息が耳にビュービュー聞こえ、自分の声が頭の中でワンワン響いたので、ビックリしあわてて耳鼻科に行きその事を言うと「妊娠中はよくある事だから。」と言われ空気を通す治療をずっとしてました。
その時はむくみもあったので耳管がプクーと腫れてくる様な感じになり、耳抜きをすると耳管に鼻息が入りスーとするのですが、またすぐ腫れてきての繰り返しと鼻息ビュービューでした。
(結婚する前はダイビングをしてたので耳抜きの事は知ってました)

耳鼻科の先生に「耳抜きは鼻のばい菌が入って中耳炎とかになるかもしれないから絶対やっちゃダメ」と言われたのですが、どうしてもやめられず、それがたたって耳管の入り口が腫れて何度か狭窄になっての繰り返しで、耳鼻科の先生に「狭窄が治ったら鼻息がビュービューするし音はボーと聞こえるし、何とかなりませんか?」と相談したら、何か耳管を腫れさせる薬を鼻から耳管に空気を通すので入れられて、確かに鼻息ビュービューはしなくなったけど、今度は完全に塞がってしまい大変な目にあってしまい最後にはノイローゼになり、産婦人科の先生と相談して、予定日より早かったのですが帝王切開で子供を産みました。

私は生まれつき右耳が聞こえなくて左耳だけで聞いてきました。
でもありがたい事にこの歳まで一度も耳の病気をした事がなかったので、音が聞き取りづらいという経験がないので、耳管が腫れてくると狭窄になるので、それが怖くて耳抜きばかりしてました。

妊娠も終わったのでこれで治ると思ったら良くならず、耳鼻科に行ったら「おかしいわね、普通出産すると治るんだけど・・・そのうち治りますよ」と言われまた空気を通され帰ってきて、不安になって耳鼻科専門の大きな病院に行ったら「これは治りません。慣れなさい」と言われ、それからしばらくはただただ泣いてばかりいました。


●主な治療歴
友達がインターネットで開放症の事を調べてくれ、加味帰脾湯も買って今も飲んでいます。
山口先生の所にも行ってきました。
検査した結果やはり開放症でそれも両方でした。
右耳は聞こえてないので気づきませんでした。
先生と相談したのですが、私の場合左しか聞こえないので、チューブとか入れると滲出性中耳炎になったら大変なのでやらない方がいいと言われ、何か薬を入れようとしてくれたのですが、一度他の耳鼻科で耳管を腫れさせる薬を入れられて大変な目にあっていた私は、それを拒否してしまいました。
そしたら先生は「わかりました」と言ってくれて耳管の入り口の所に薬を塗る処置をしてくれました。
その後もう一度行った時は症状が落ち着いていたので、様子をみましょうとの事で帰ってきました。


●その他
鼻息はたまにビューとしますが、前よりかは良くなってるようです。
ただ詰まった感じとつばを飲んだり口を開けるとバキバキ音がします。
近いうちに山口先生の所に診てもらいに行こうと思ってるのですが、子供がいるのでなかなか行けない状況で・・・。

今後色々とアドバイスを頂ければうれしいです。
最後に、出産しても治らなかったので(自分で耳抜きとかして悪化させたせいでもあるのですが...反省)こんな事ならちゃんと自然分娩すればよかったと、今さらながら後悔です。
でも今の所スクスクと育ってくれてるのでそれが救いです。

 
●その後の経過など
2004/11/24(水)
私の最近の耳の症状なのですが、前はあくびをしたりするとバキバキバキってすごく鳴ったのですが、いつの頃からかほとんど鳴らなくなってきました。
鼻息も1ヶ月位前から一瞬ビューとなってもすぐにおさまり、ここ2週間位は全然鼻息は聞こえません。
でも今度は鼻の下を伸ばしたりあごを前にだすと詰まったような鼓膜?がへこんだような感じになって音の聞こえも悪くなって軽く(人指し指を鼻の穴の下に置いて)耳抜きをすると元に戻ります。
これって耳管が広がってるから口の付近を動かすと鼓膜が変になっちゃうのですかね?
耳鼻科で鼓膜は見てもらってますが何も言われた事はありません。
ダイビングをしてた頃つばを飲んだりあごを前に出すだけで簡単に耳抜きができてたので人より耳管が開きやすく鼓膜も動きやすいのですかね?
何だかよくわからないんですけどとりあえず今の所鼻息ビュービューしないだけまだマシかなって感じです。

2004/12/01(水):Dr.タッツー
開放症の人がダイビングをするときの注意ですが、その開放の程度によってちょっとだけ違ってきます。
簡単にいうと、まずバルサルバで耳抜きをした方がよいということです。
開放症の人は、時に耳抜きが自然に行われて意識した耳抜きがいらないことがあります。
しかし開放症だからといって、いつも耳抜きが良いとは限りません。耳管機能が悪いということに変わりないのですから。
ちょっとした体長の変化などでいきなり耳管狭窄症の症状に水中でなってしまい、耳抜き不良になるのです。
ですから、いつ何時狭窄症状になっても良いように、いつもバルサルバにするべきなのです。

次に、通常の耳管機能の人はバルサルバによって鼓膜を膨らませておくことができるので、次の耳抜きまでに余力があります。しかし開放状態の人はバルサルバで鼓膜が膨らむものの圧力をかけることをやめるとすぐにその水深のレベルで鼓膜がもとの状態に戻ってしまいますから、余力がないのです。
よって、通常の耳管機能の人よりも約3倍から4倍の頻度でバルサルバ耳抜きが必要です。
ベテランになればバルサルバの状態で圧力を耳にかけながらそのまま潜降できます。
そうすれば頻繁な耳抜きなんかいらないのです。

inserted by FC2 system