症状・悩み☆私の場合
ハンドル名:Y 男・30代・東京都新宿区在住
●発病のきっかけ
3週間ほど前、夜に突然左耳が詰まったような感じがしました。
翌朝になると改善していたものの、また夜になると閉塞感が再発。
日に日に症状の出る時間帯が早まっていき、朝から症状が出るようになりました。

近くの開業医にかかったら、ティンパノメトリでC型、耳管狭窄症と診断されました。
ただ、ティンパノメトリの結果では症状のない右の方が狭窄傾向が強いとのことでした。


●主な症状
閉塞感、自声強聴、伝音性難聴、耳鳴り。
仰向け、または左耳を下にして寝ると、ゴソゴソという音とともに症状が改善するが、体を起こしてしばらくすると、またゴソゴソ動く感じとともに症状が再発してしまいます。


●主な治療歴
抗生物質、抗炎症剤、去痰剤を処方され、耳管通気を数回。
右耳はティンパノメトリで改善が確認されましたが、肝心の左耳は改善しないため、2回薬を変更して様子を見ているところ。
鼓膜が内陥しているそうで、このまま良くならなければ、鼓膜切開することになりそうです。


●困ったこと・つらいこと
伝音性難聴があるため、他人の話し声が聞こえにくく、仕事でも支障になっています。


●発病以降生活面で変わったこと
耳が聞こえにくいだけでも、体全体が不調な感じがしてしまいます。
気分も晴れないし、仕事中にぼんやりしてしまうことも多くなりました。


●その他
現在の診断、治療法が適切であるのか分からず、不安を感じています。



●その後の経過など


inserted by FC2 system